な、なんと!ガイドブックの感想~!

これから高学年に向けて国の仕組みについて勉強するので!ちょっとでも楽しんでくれたらいいなーと思ってます。世の中の事を理解するどうこうの問題ではなく、途中に出てくる単語一つ一つわからないところが多く、パラパラ目を通しただけで終わってしまいました。購入した本にIDとパスワードが記載してあります。

コスパ最強と噂の!

2017年01月23日 ランキング上位商品↑

ガイドブック10才までに知っておきたい世の中まるごとガイドブック [ 小学館 ]

詳しくはこちら b y 楽 天

Amazonならこちら

年長の長女へのクリスマスプレゼントとして購入しました。4月から小学生ですし、本を読むことや地名や景色などに、今すごく興味を持っているので、「興味がある今しかない!」と思い購入しました。いつか読んでくれる日を待とうと思います。ちなみに娘が一番最初にこの本で興味を持ったのは!「ニートについて」書かれているページでした〜(^-^;)大人でもこれでたくさん勉強できます。。わかっているつもりで今更聞けない大人の方にもオススメです。内容は多岐にわたり!お金って何?から始まり!ニートやテロや地産地消!環境問題にも触れられていて!大人でも意外と詳しく知らない社会の仕組みなど!アラフォーの私にもとても参考になる内容でした。日本銀行などしくみが図解してあるので、初めてでもとっつきやすく わかりやすいと思います。内容は図やグラフが多く掲載され!子供にも読みやすく!分かりやすく説明がしてあり良かったです。いっしょにじっくり読んだほうがよさそうです。『学べるニュー●ショー』の先生が、子どもにも分かりやすく政治の事、経済の事、世界情勢などを解説してくれています。それからのことがわかりやすく書かれており!リアルタイムの情報もホームページで確認できるとのこと。我が家の6年生の娘は「これ面白い!」「へえ〜!そういうことだったんだ〜」と言いながら読んでいました(^-^)リビングに置いて共有しようと思っていたのに!娘の部屋行きです・・・。子ども自身に読ませても良し!一般教養として大人が一通り読んで子どもに説明してあげるのも良し!価値のある本です。学校の授業だけでは教えてもらえないことを知って、その事について考えることが出来る良い内容の本だと思います。子供の本棚に並べたり!トイレに置いてみたりしたのですが!内容が難しい本なので手にとってみるのは大人だけでした(T_T)読み聞かせの本として 説明したり!どう思う?と問いかけながら読むと!とても興味をもって聞いてくれていました。それより大人なのに世間のことをあまり知らない私が勉強になる本でした。大人が読んでも興味あるばかりではありませんでしたが!知らなかった事が理解できた事は良かったとおもいます。でも、正直親も楽しんで読んでます。「教科書読んでるみたいでやだ」なるほどと思いました。少し難しいところもあるので、親子で読まれるのがベストかと・・・。自分が子供の頃にも、こういう本があったら良かったと思います。うちの子が賢くなることだけでなく、コミュニケーションもとれていい本でした。7歳のこどもに質問されても、うまく説明するのがむずかしいことが多く、これを読んで少しでもわかってくれたらなあと購入。子供10歳・8歳・5歳にと購入しました。7歳の小学2年の子供にはやはり早すぎました。小学校の授業では教えてくれないけど、知っておいた方がいい世の中の事がきちんと載っていました。でも、池上先生の説明は、本当にわかりやすい!!ある程度の年齢のお子様でしたら問題なく熟読できるのでしょうね!十歳の子供が社会がやや苦手のようでしたので、購入しました。 最初は面倒な印象でしたが、しばらくすると暇さえあれば軽く開いて読んでいます。社会の苦手な4年生の娘に購入しました。TVでニュースを見るたび質問してくるので!興味のある部分だけでも拾い読みしてくれたらいいかなと思い・・・。漢字にはふりがながありますが、文章構成や単語の使い回しから判断するに、小学3・4年生がストライクゾーンという感じです。例えば年金税金地球の温暖化についてイスラエルで争いが続いているのは何故など・・イラストがたくさんあってわかりやすいです。お金のことを知ろう、社会、政治、世界のことを知ろう、と大きく4つに分かれています。私のブログ!12月18日で紹介しています。興味を示さないよりはいいか。10才の子供が喜んで読んでくれるかは少し疑問をもちます。親子で話し合いながら 読む本だと思います。親の私でさえ、なるほど!と思う事があり、子供より私向きでした。結果は...、今ものすごくハマっています。私はまだ ちら見しかしておりませんが!7歳の次男は惹かれているようです。10才までに…とあったので!少し早めに読ませよう!!と親の気合いが入りすぎました…。それをウザイととってしまうと元も子もないので!逆に親子のコミュニケーションがとれるチャンスだと思って!じっくり付き合っています。。でもあの内容を幼いうちによんで理解できれば大人になって政治!経済のことがわかりやすいと思うのですがとりあえず本人が読みたがるまで飾り本ですみなさんのレビューを見ると!「“10才までに・・・”とあるが!10歳でも少し難しい内容」という意見が多く見受けられたので!じゃあ6年生の娘にはどうだろう?と思って購入してみました。これを見ていた次男におかあさん!こうふくってなあに。と答えたら!降伏 でした。8才の子供用に求めました。親子で読むと!親も勉強になる部分があったり!一緒に考えさせられる部分があったりと!いろんな活用ができそうでした。6・7歳の息子たちにはまだ難しいみたいで見てくれませんが時期が来れば興味を持ってくれそうです。わかりやすい構成になっていて、しかも読みやすく理解しやすい…親の私が読んでもなるほどと勉強になりますが子供には残念ながら不評でした。と聞かれ台所仕事をしながら!おいしいものが食べられて!安心して楽しく暮らしていられることよー。最新の情報をインターネットで見ることも出来る様です。。早速子供に手渡しました。ただ、やっぱり難しい所もあるらしく、よく私に質問をしてきます。ところが熟読しているのは、なんと主人でした。子供を持つ大人にとって、助かりそうな本。個人的にはもう少したくさん内容が入っていたら申し分ありませんでした。新聞やテレビのニュースを見て疑問に思った事があったら、これを見ればほぼ解決!巻頭部分はカラーですが、あとは全部二色刷りなので低学年の子は飽きるかも。テレビでよく拝見する池上彰先生が書かれた本というところにも惹かれました。学校で歴史を習ったのはかなり昔のこと。2年生のうちの子どもには難しすぎて無理でした。こどもニュースで分かりやすい解説をされていた池上さんだけあって、かみ砕いて分かりやすく書かれている本です。長男が社会の仕組みに興味を持ち始めていたので購入しましたが!タイミングが良かったのか!一気に読破していました。