ローレン・マッコールの購入をご検討ならココ~!

1年に渡る闘病の末、1ヶ月前に愛犬が旅立ちました。後悔は沢山ですが、今痛みも無く軽やかに動けているなら幸せです。この本に書いてあることが本当に真実であったら、とてもいいのに、と思いました。

コチラです!

2017年01月23日 ランキング上位商品↑

ローレン・マッコール永遠の贈り物 [ ローレン・マッコール ]

詳しくはこちら b y 楽 天

Amazonならこちら

ずいぶん前に発売され!最近では品切れ取り寄せのお店が多かったので購入できるか心配でしたが!購入出来て良かったです。(私はもともとセルフ催眠ができないタイプで!やはりダメでした。いろいろ考えさせられる本でした。虹の橋の詩自体が収録されていますので!それを否定するような考え方は含みません。どうか誤解されないように…)どうしても虹の橋を信じたい方には「天国にいったペットたち(シルビア・ブラウン)」の方がよいでしょう。●「虹の橋」の考え方を肯定するもの。レビュー等から「虹の橋」を肯定するものではなさそうということは何となく勘づいていましたが、自分でコミュニケーションする方法が書いてあるという方に期待を込めて購入しました。数々の動物との交流で、動物がこんなにも雄弁なのか??と疑問でした。)生き返ってくれたの?…目が覚めたらやはり夢でした。でも、私の誕生日の前日に去ってきました。素人の自分には未知の世界でしっくりきませんでした。【2014.07・31】1年経過して読み返しました。(一年前から歩くのが少しずつ困難になっていき、なんであそこまで行けないの?という顔、声が切なくてしかたありませんでした。とっても不思議な気持ちにさせてくれる本でした。この本の内容が真実かどうかより!ペットロスの方の道しるべになってくれることは間違いないと思います。残念。本書に書かれている「向こう側の世界」で、うちの子が現世より更に幸せであって欲しいと切に願いました。見えなくて悲しいけど!魂でつながってるよねって思うと少し癒されます。最愛のワンコを亡くし!喪失感を何とか前向きに生きていける力に変えたいと辿り着いたうちの1冊です。亡くなった時の悲しみは変わらないかもしれないけど、亡くなった後のペットへの心配は軽減されるのではないかと思います。自ら後を追うと虹の橋に行けないらしいから!頑張って生きようと思っていたのに!どうせ会えないのなら…という気持ちにすらなりました。飼い主との絆は肉体を離れた後も永遠であること。飼っているうさぎを亡くして悲しい時に読みたい本です。(自分が死んでもそのままの姿で逢うことはないであろう=虹の橋を否定することになる)私は!姿も性格も何もかも寸分違わない「あの子」に再会したいと願っているので!自分が虹の橋に迎えに行くまで待たず!生まれ変わる説を唱えてあるのは!絶望的でした。動物たちの魂は人間よりもずっと崇高であること。でも、読んだ後、不思議と愛犬との別れることの恐怖感が減りました。何もする気力が湧かず、何とかして自分を律しようと何冊か購入した本のうちの1冊です。こんな絵を描いてもらいたいです。すでに亡くなった動物たちとコンタクトを取ることも!時間が経過する毎に困難になるということで!虹の橋伝説を信じる飼い主にとっては哀しい気持ちになりますが!これについてはアニマルコミュニケーターにより意見が割れるようで!わたしが真実を窺い知ることは不可能である。悲しくてご飯ものどを通らず、そのまま食べずに餓死したいと思いました。苦しめてしまった!いたらない飼主で申し訳なかったと思い出しては涙の止まらない日々が続いていました。海外翻訳特有の典型的日本人からすればちょと気恥ずかしくなるようなセリフの数々。昨年12月に愛犬が旅立ち!幸せにしてやれただろうか!生まれてきて良かったと思ってくれただろうか…と毎日泣いていました。きっと新しい命を持ってまたこの地に降り立っているのかもしれません。本当に良い本でした。挿し絵はかわいかったです。あんなに気になっていた五つの不安の答えが、この本の中にあったからです。別の姿になってでもいいから!また自分の目の前に生まれ変わって現れてきてほしいと思う人には!望みが持てる良い本になるでしょう。……でも今日この本を読んでみてあの時歩いてみせてくれたのは!また歩けるようになったから心配しないでって事を伝えようとしてくれていたのかなって思うようになりました。頭で分かっていても!たとえ現実を受け止められたとしても!なかなか前を向いて歩けだせない私でしたが!この本を読んで!もう一度勇気を出して生きようと思いました。読んで本当によかったです。読んでみて→期待していた程濃い中身ではなかったけど^^;動物達が!人間が思っている程最後苦しんでいない&死後はあちらの世界でそれぞれの役目について考えたり!仲間と過ごしたり!こちらの様子を見守ってくれていると書いてあり少しですが心が軽くなったかな。私達と共に生きるペットと呼ばれる友達がここまで思慮深く私達と関わっていたのかと思うと心が温まります。』と書いた帯がついているとおり!内容的には不思議なものでした。私も愛犬に恥ずかしくない姿で生きようと、心に決めました。平均寿命近かったわけでもなく何の持病もなく!3才で急に!本当に急にしんでしまいました何の覚悟もないまま!突然消えてしまったまだなくなって一週間たっていないから完全に冷静に理解できませんでしたがいつか!きっと分かる そんな本だと思いました老いてきた愛犬との別れを迎えるための心の準備をするために購入しました。飼っているウサギが病気をした時に購入しました。今日届きまだ半分ほどしか読んでいませんが、亡くなる少し前に急に食べなくなり、もっと早くに流動食に変えていたら…病院に連れて行っていたら…と自分を責め悔やみましたが、少しずつあちらに行く準備を始めていたのかなと思ったりし、床擦れが痛々しく、とても辛かったのでは、もっといろいろしてあげられたんじゃないかと後悔ばかりでしたが、魂はあまり痛みを感じていないとのことで、気持ちがちょっとだけ晴れました。向こう側に行くまえに父の夢でさよならをいったり、向こう側に行ってから、家族に声を聞かせてくれました。悲しみの中で自分の涙で溺れていたけれど!動物たちの教えてくれたメッセージに心が救われました。一緒に苦楽を共にしてきたペット。ただ!文字が薄く小さかったので読みづらかったのが残念でした。(同じ今世での再会の可能性については否定はしていませんが、わからないとのこと)おとぎ話かもしれませんが、「虹の橋」で全く変わらぬ姿で再会し、ずっとずっと二度と離れることなく一緒にいたい。猫が旅立つ前に野良が来て、今は慰めてくれます。小一時間もあれば読めてしまう手軽さですが、本屋で手に取ったとしたら、購入には至らないと思うので☆3つにしました。ただし著者の見解では動物たちは自らの魂の進化のために!時を待たずとして転生して!進化を続けるため違う飼い主の元へ生まれ変わると記されています。挿絵がとても癒されます。先日14年間連れ添った愛猫を亡くしました。みなさんの大切なペットちゃんたちも、きっとかけがえのない家族であり、最愛の子供であったと思います。最初は半信半疑でしたが、読み返したり、旅立つ前に瞳に生気がなかったことがリンクしました。この本は動物を家族にしている人は読んだほうがいいと思います。それでもこの本のイラストがきれいで癒されます。やっと辿り着いたこの本で!私の心は少し晴れてきました。この本を読んで少し納得もできました。ペットロスに苦しんでとき友人の紹介で読んだものに癒された経験があり、今回は自分も含め家族の悲しみにとネットで探して選んだものでしたが、簡単な事例の羅列のような印象。読む人によって入り口が分かりにくいかもしれませんが、子供さんでも十分理解できる内容ではないかと思います。個人的に心に響くものがありませんでした。亡くなった夜は朝までずっと撫でて過ごしましたが!いつの間にか寝ていた時に愛犬が若い頃のように歩いている夢をみました。小さなペットなのに、考えている事は人間の大人以上に大人らしくてビックリ。(自分が死ぬまで待っていてくれて再会できる)●飼い主が今生を終える前に、また生まれ変わるというもの。『とても不思議な本です。途中時々出てくる挿絵に癒されました。読んでいて号泣しました。あの子に頼まれたのかなと思います。人間でさえもこれほど雄弁であることは稀だと感じました。すっかりペットロスに陥った私は!なんとか前に進もうと色々と調べてみたり読んでみたり・・・・・。亡くなったペットの気持ちが良く分かる素敵な本でした。私は現実を受け止めたくなくて、長生きさせると思ってましたが、この本を前もって読んでいけば、もっと大事にできたと思います。先月医療ミスで猫を殺されました。数日前に15年一緒に過ごした愛犬を亡くしました。先日、大切に、大切に育ててきたうさぎさんをお月様に見送りました。あれから2年半が経つのですが!最近なんか身近に感じるんです。幸せだったかな〜…だといいな。今は手術も無事に成功し元気です。今でもなかなか現実として受け入れられず!写真を前に泣いてばかりです。きっと気を使って私の誕生日の前に終わりを迎えてくれたのかもしれません。12年飼っていたうさぎがいました。当時と変わらず!動物たちのこまっしゃくれた口調は鼻につきますが(笑)著者の感性や翻訳の影響と百歩譲って!あらためて読み進めると!この本がただの絵本ではなく!高次元な深い世界であることが理解できました。読み終えたらレビュー追記します。結論からいうと!「虹の橋」を信じたい私には辛い本でした。そういう系統の本だとわかっていたとはいえ!やはり活字で改めてつきつけられると辛いです。(本としてはよい本だと思います。でもそんなわけにいかないこともわかって、アニマルコミュニケーションを知り、この本を知りました。目次に私の知りたかったワンコの気持ちが書いてあったので購入する事にしました。ある日!うさ友さんからこの本が送られてきました。本当かどうか、目に見えないものは気持ち次第な面がありますが人間にとっても動物にとってもここに書いてある事が本当だったら心が少しでも救われるのではないかと思います。挿絵はきれいです。読むことで少し自分の中の何かが楽になったような気がしました。それで、先日鳥を亡くした同僚が悲しんでいるのを見て少しでも気持ちが楽になればと思いプレゼントしました。また前述のレビューでもありましたが、虹の橋説を身近に感じていたので、早い時期での生まれ変わり説もピンときませんでした。急なことだったのでそのショックは大きくなかなか立ち直ることが出来ませんでした。もうこの手で撫でてあげることができないのはとっても悲しいけれど、そんなときは目を閉じて心の中で思っています。…その後今世とは別の姿で生まれ変わる時がくるのであれば、「また次の生で会おう」と固い約束を交わしお互いの次の生で…というのが自分の理想です。。出逢うことはできないかもだけど!また何処かで元気にしていると思うと幸せな気持ちにもなります。逝ってすぐは看護疲れでピンと来ていませんでしたが!時間が経過する毎に喪失感でいっぱいになる日々にこの本を選択しました。いつか来るであろうこの日をどれ程恐れていたでしょうか!それは突然やってきました。ただ、あくまで個人的に自分の信じたい想いに沿わなかったというだけです。少しでも前向きになりたく、レビューを参考に購入を決めました。練習もそんなにしてませんが…)この手の本は2通りに分かれると思います。